インプラントは歯列矯正にも最適?かみ合わせを改善させて健やかに暮らそう!


インプラント治療と歯列矯正の関係

インプラント治療は人工の歯を埋め込む矯正治療の一種です。一般的な差し歯とは異なり、あごの骨に埋め込んだ金具で歯を固定させることから安定性が高い特徴があります。強くかみ締めてもずれる心配が無いので、自分の歯と同じような質感になるのが利点です。インプラント治療は歯が欠損した部分を補う目的で行うのが普通ですが、強くかんでもずれや変形などの不具合が起きないので歯列矯正の一環として行うケースもあります。歯並びが悪いとかみ合わせや発声に悪影響が及ぶので早いうちから矯正治療を行うことが大切ですが、成人になると固い永久歯が生えそろってしまうので矯正は困難です。特に曲がって生えた歯を正しい位置に戻すのは至難の業なので、抜いたうえでインプラント治療を施して矯正を完了させるのが無難な対処法になります。

かみ合わせの改善にインプラントが適している理由

歯列矯正はかみ合わせの改善が目的のケースもありますが、必ずしも状態が良くなるとは限りません。かみ合わせは上下の歯がすき間無く重なるのが適切な状態ですが、歯列が不ぞろいな状態で成長すると上下の凹凸がかみ合わず、すき間が出来てしまいます。そのため、歯列矯正だけではかみ合わせが改善されないことも珍しくありません。人工の歯をあごの骨に固定させるインプラント治療であれば凹凸を自由に成形出来るので、すき間やずれの無い、綺麗なかみ合わせを実現させることが可能です。特に歯が曲がって生えた部分は矯正を施してもすき間が出来やすいので、任意の形に成形出来るインプラント治療がかみ合わせの改善に適しています。

三鷹のインプラントを含めた総合治療を行う歯科医院の中には、「あんしんインプラント」に認定された医院もあり、できるだけ歯を残す治療にも尽力しています。