豊胸手術で理想のバストに!最適な治療を選ぼう!


バストにメスを入れない治療

女性の外見の悩み、コンプレックスは人それぞれ違いがありますが、バストが小さい、形が良くないという悩みを抱える人は多くなっています。

そして、かつては豊かなバストだったという人も授乳の影響でしぼんでしまう、加齢とともに下垂してしまうといった悩みもあります。

きれいなバストに整えるにはブラジャーを選び直す、マッサージを行うなど様々な方法がありますが、自己流の努力だけでは劇的な改善は難しいと言えます。

そこで注目されるのが豊胸手術です。豊胸ではシリコンバッグを挿入させるなど大掛かりな治療が選ばれることもありますが、最近はバストにメスを入れない治療も人気です。

美容医療で人気のヒアルロン酸注入はバストアップ治療にも取り入れられており、注射だけでボリュームアップできます。注射穴はできますが、大きな傷が残る心配はありません。

脂肪注入によるバストアップ

全く切開を行わないわけではありませんが、バストに傷を残さない方法としては脂肪注入法もあげられます。

この場合は、注入する脂肪を患者本人から採取する必要がありますので、脂肪吸引も行われます。脂肪吸引の際はカニューレを挿入するために皮膚の一部を切開する必要がありますが、数ミリ程度で良く、しかも目立たない部分で行われます。吸引した脂肪は質の良いものが選ばれ、注入はヒアルロン酸注入と同じように注射器で行いますので、こちらもバストに目立つ傷が残る心配はありません。

大幅なバストアップを希望するならシリコンバッグの挿入も考えていきたいですが、この場合も多くは脇からの切開となるので、バストに大きな傷ができることはなく、脇にできた傷もシワと同化して次第に目立たなくなります。

豊胸手術には、シリコンバッグやヒアルロン酸注入など様々なものがあり、手術の方法によって仕上がりや術後の痛みの程度などが異なります。