シミの原因って何?シミを作らない有効な方法


シミはなぜできるの?

シミはそもそも、メラニンという色素が大量に発生することが原因です。メラニン色素は多くの紫外線を肌に浴びたとき肌を守ってくれている存在でもあります。しかし、一部分に多く作られすぎたメラニンが細胞の中に残ってしまい、色素が沈着してしまうとシミになってしまうのです。

洗顔料は炭酸入りがおすすめ

炭酸入りの泡洗顔には、血行促進の効果があるため、代謝を促進してくれます。血行が良くなることで新陳代謝が進み、新しい細胞が生まれ古い細胞は剥がれ落ちます。

つまり、新陳代謝の働きを活発にすることで、新しい細胞が古い細胞を剥がしてくれるため、シミになりにくい、シミ予防になるということです。

キウイがおすすめ!!ビタミンCをとろう

ハリのある肌には、コラーゲンが必要です。ビタミンCにはコラーゲンの合成を促す働きがあります。そしてメラニン色素の生成を抑制する働きもあるため、シミ、ソバカスの予防にもなるのです。

キウイには、ビタミンCが多く含まれており、一般的なグリーンキウイや甘みの強いゴールドキウイなどがあります。特に、ゴールドキウイには多く含まれており、ビタミンC含有量は140mg~160mg程度あります。

ビタミンCと言えばレモンを思い浮かべる方も多いかと思いますが、レモンのビタミンC含有量は50mg程度であることを考えると、キウイがいかに多くのビタミンCを含んでいるかお分かりいただけると思います。

シミはできてしまってからでは対処が大変です。手軽にキウイでビタミンCをとりましょう。

シミのない肌のためには、紫外線防止とスキンケアといった作らない努力が大切です。それでもできてしまった場合は、皮膚科で消せる場合もあるので、信頼できる皮膚科に相談してみましょう。