育毛剤が実感できない!?選び方が間違っていると効果なし


自分に合った育毛剤の選び方とは

育毛剤は薄毛の原因に合ったものから選ぶ必要があり、最適な選び方は医療機関から処方を受ける方法です。血管拡張、男性ホルモンの抑制、栄養補給などに特化したタイプがあり、薄毛診断をしてから医師が決めてくれます。経口タイプの育毛剤は医療機関でしか処方を受けることができず、薬局やドラッグストアでは入手できません。

育毛剤を使うならシャンプーも変えてみる

育毛剤が必要だと考えている方は、頭皮状態に問題があることがほとんどです。現在使用しているシャンプーが合わないケースが多いため、育毛専用のシャンプーに変えてみましょう。ドラッグストアの育毛シャンプーは一般のシャンプーとは異なり、育毛用品が置かれている場所にあります。毛穴を綺麗にして頭皮環境を整えなければ、育毛剤は本来の効果を発揮できません。

薄毛は成長期が短くなることで発生する

髪にはヘアサイクルが存在しており、成長期と退行期と休止期があります。頭皮環境の異常やホルモンバランスの乱れなどにより、成長期が短くなると薄毛が進行してきます。育毛剤を使用する方は頭皮を綺麗にし、頭皮マッサージをして柔らかくすることが大切ですが、生活習慣の改善も並行していきましょう。

育毛を促すには栄養補給と血流改善が欠かせない

髪の毛根の部分に栄養を与えることが育毛の基本であり、そのためには育毛剤による栄養補給と血行促進が鍵となります。後者は頭皮マッサージに加えて成人病対策が必要になります。成人病全般の特徴として血流障害を招くことがあり、血管壁を細くして毛母細胞への栄養供給を阻害させるのです。薄毛は体質の問題から生じるため、健康体になることが大切です。

女性の育毛剤は男性の血行不良や遺伝、男性ホルモンの影響によるAGAの育毛剤とは違い、肌に優しく美容に特化したものになっています。