医療の力でダイエット!最新の肥満治療の事情とは?


病院で受けられる肥満治療の方法

肥満治療の方法には、外科治療や食事療法、運動療法、行動療法、投薬療法など様々なものがあります。病院で治療を受ける場合には、年齢や体重、生活習慣などによって適切な方法が異なるため、医師と相談をして決めることが大切です。特に、高血圧や糖尿病、高脂血症などの疾患を伴う高度の肥満症については、治療期間が長くなったり、より専門的な治療が必要となったりすることがあるため、治療実績の良い病院を選びましょう。最近では、食欲を抑える効果が期待できる内服薬を使った方法が採用されている病院も増えており、ハードな食事制限や運動などを行わずに健康的な体型を目指すことができるようになっています。

肥満治療における食事の大切さ

肥満治療の成功率を高めるためには、病院での治療だけでなく、日々の食生活の栄養バランスの改善に努めることが大切です。特に、糖質や脂質などの多い偏った食事は、太りやすい体質を作り上げてしまうことがあるため、たんぱく質やビタミン、ミネラル、不飽和脂肪酸などの健康維持に役立つ成分をしっかりと摂取することが大切です。また、生活習慣病やメタボリックシンドロームなどのリスクを低くするために、医師や管理栄養士のサポートを受けながら食事の献立を考えることも大事です。特に、運動不足や加齢により、新陳代謝が低下している場合には、一日あたりの摂取カロリーに気を付けるのはもちろん、担当の管理栄養士に定期的にカロリー計算をしてもらうと良いでしょう。

肥満治療は、極端な肥満である場合は投薬・胃バイパス手術などが行われますが、通常の肥満は運動療法・栄養改善が数ヶ月にわたって行われます。