根を残せる状態で治療を始めれば削る歯は一本で済む!


抜歯の場合は複数の歯を削ってブリッジの土台に

歯の治療は根を残せるかどうかでだいぶ変わってきます。というのは、根が残せれば削る歯は一本だけで済むからです。もし、根を残せないほど駄目になっている場合は抜歯して、両側の歯を削って土台にし、ブリッジを入れるというのが基本的な治療法方法になります。お金に余裕があればインプラントを入れればいいので両側の歯を削る必要はありませんが、保険を利用して治療したいというのであれば最初の選択肢はどうしてもブリッジになってしまいます。では、虫歯になった歯の根を残す場合、どのような治療を行うのでしょうか。まず大事なのは虫歯になっている部分をすべて削り取ってしまうことです。少しでも残してしまうとそこからすぐに根も駄目になり、差し歯にしても結局、土台から抜かなければなりません。

根にある神経をきれいに除去できる医者こそ名医

歯を削ったら早急にコンポレットレジンと呼ばれる物質で埋めなければなりません。これは最初は加工できるほど柔らかいものの、削った部分に詰め込み、時間が経つと固まる物質で、歯の色にとても近いこともあり虫歯の治療では高確率で使われるものです。次に歯の神経を取り除くことになります。歯の根は人によって本数や形が違うため、歯の神経を上手に取り除くのはベテランの歯科医でも難しいです。「あの歯医者は治療が上手」と褒めるとき、「痛くなかったから」という理由を挙げる人が多いですが、神経をきれいに取り除ける医者こそ本当の名医といえるでしょう。そして、神経を取り除いた部分に薬を入れて蓋をし、歯の型を取って差し歯を作ってもらい、後日、それをはめて治療終了です。

虫歯が進んで根管歯髄や根管壁や根尖周囲にまで感染している場合に歯を保存する治療法を根管治療といいます。